プロフィール

kawase531

Author:kawase531
FC2ブログへようこそ!


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


今日の日経平均株価は小幅反落↓


前日比24円安い1万9729円

前日に大幅高になった反動で利益確定
売りがやや優勢

半面、下値では押し目とみた買いも入り
やすく、小幅ながら上昇に転じる場面も

日中の値幅は57円と、7日(48円)以来
の小幅

4~6月期決算発表が一巡して売買の材
料が乏しく相場が膠着

北朝鮮を巡る地政学リスクが和らぎつつ
あるものの、積極的に買い進む投資家は
限られる


明日の指標は

07:45 (NZ) 4-6月期生産者物価指数 (前期比)
(NZ) 4-6月期生産者物価指数 (投入高・前期比)
08:50 (日) 7月貿易収支
10:30 (豪) 7月就業者数
10:30 (豪) 7月失業率
14:30 (仏) 4-6月期失業率
17:30 (英) 7月小売売上高 (自動車燃料含む:前月比)
18:00 (ユーロ圏) 6月貿易収支(季調前)
18:00 (ユーロ圏) 7月消費者物価指数(HICP)・確報 (前年比)
21:30 (米) 新規失業保険申請件数
21:30 (米) 8月フィラデルフィア連銀製造業指数
21:30 (加) 6月製造業出荷 (前月比)
22:15 (米) 7月鉱工業生産 (前月比)
22:15 (米) 7月設備稼働率


           
 参考までに・・・
 PCやスマホで目の疲れている方は、
 こちらまで

  アイメディカル HP
         

スポンサーサイト

今日の日経平均株価は反落↓


前日比87円安の1万8426円

下げ幅が一時200円に迫る場面も

11月の米雇用統計の発表を日本時
間今晩に控えた週末とあって、持ち
高調整の手じまい売りが優勢に

4日のイタリア国民投票による金融
市場への影響を警戒し、運用リスク
を避けるための売りも

市場では12月の米利上げが確実視
される中での11月の米雇用統計発
表に警戒感が

振れ幅の大きい非農業部門の雇用者
数の発表が波乱要因になるとみた投
資家の利益確定売りが相次ぐ

外国為替市場で円相場が一時1ドル
=113円台後半に強含んだことも
輸出関連株に売りを促す

一方、1日の米国株市場での米金融
株高を受けて、銀行や証券株は上昇

米金利の上昇や米国の次期政権によ
る金融規制の緩和で銀行の収益が拡
大するとの見方が強まり、米モルガン
・スタンレーと資本関係のある三菱UF
Jの上昇率は一時6%を超え

海外収益の比率が相対的に高い野村
は年初来高値を更新


為替は

USD/JPYは、現在114円05

ここまでの
高値は、113円58銭
安値は、114円18銭

AUD/JPYは、現在84円54銭
これまでの
高値は、84円38銭
安値は、84円73銭



参考までに・・・
 PCやスマホで目の疲れている方は、
 こちらまで

  ブログ「アイメディカル金山日記」


          

お小遣い稼ぎならポイントサイトGetMoney!
 


週明けの日経平均株価は反落↓


前週末比292円安の1万6672円

米利上げ観測が高まり、世界的な金融緩和
の持続性に対する疑念が強まる

世界各国で運用リスクを回避するリスクオフ
の流れが広がり、東京株式市場でも投資家
心理が悪化し、主力株を中心に幅広い銘柄
が売られる

金融緩和に積極的と言われるボストン連銀の
ローゼングレン総裁が9日の講演で「利上げ
が遅れれば、資産価格などが急落しかねない
」などと発言

8日には欧州中央銀行(ECB)理事会で量的
緩和の延長の議論がなかったとも伝わる

欧米中銀の金融緩和によるマネーが縮小する
との懸念が強まり前週末に世界各国の主要株
価指数が下落、週明けの東京株式市場でも売
りが優勢

内閣府が12日発表した7月の機械受注統計は、
民間企業の設備投資の先行きを示す「船舶・電
力を除く民需」の受注額(季節調整済み)が前月
比4.9%増

内閣府は基調判断を6月の「足踏みがみられる」
から「持ち直しの動きがみられる」に上方修正、外
国為替市場では円相場がやや円安方向に振れた
が、株式市場では好材料視する向きは少ない


為替は

USD/JPYは、現在102円31銭
ここまでの
高値は、102円18銭
安値は、102円66銭

NZD/JPYは、現在74円71銭
これまでの
高値は、74円70銭
安値は、75円36銭




参考までに・・・
 PCやスマホで目の疲れている方は、
 こちらまで

  ブログ「アイメディカル金山日記」


          

お小遣い稼ぎならポイントサイトGetMoney!
 


今日の日経平均株価は反落↓


前日比69円安の1万7012円

円相場の急伸で輸出採算の改善期待
が後退し、トヨタやパナソニックなど主
力株に売りが優勢に

半面、これまで売り込まれていた内需
関連株や小型株には資金が流入し相
場を下支え

前場に大きく下げたことで日銀が上場
投資信託(ETF)買いを入れたとの思
惑も支えになり、日経平均は心理的な
節目である1万7000円台を維持

主力の輸出関連株に加え、米早期利
上げ観測の後退でメガバンク株が軟調 

時価総額の大きい30銘柄で構成する
東証株価指数(TOPIX)コア30の下落
率は日経平均を上回り、大型株指数も
下げる 

円相場が一時1ドル=101円20銭近
辺と前日から2円近く、8月26日以来
の円高・ドル安水準を付ける 

日経平均は一時178円安の1万690
3円まで下げ幅を広げる 


為替は、

USD/JPYは、現在101円55
 
ここまでの
高値は、101円23銭
安値は、102円13銭

NZD/JPYは、現在75円55銭
これまでの
高値は、75円06銭
安値は、75円68銭



 参考までに・・・
 PCやスマホで目の疲れている方は、
 こちらまで

  アイメディカル HP



          

お小遣い稼ぎならポイントサイトGetMoney!
 

今日の日経平均株価は、小幅反落↓


終値は前日比12円安の1万6725円

前日の400円近い大幅高の反動か

短期的な利益を確定の売りが優勢に

外国為替市場では円相場が1ドル=102
円台を付けるなど円売り基調にあり、29日
の米国株高も支えに、株価の下げは限定


取引時間中は小幅高に転じる場面も

景気に業績が左右されにくいNTTドコモや
KDDIといった通信株が下落、アサヒや味
の素など食品株も下げる

マグロ漁獲規制の議論本格化が伝わり、
マルハニチロが下落

JR東日本とJR西日本、JR東海の下げ
も目立つ

半面、非鉄の三井金や住友鉱、鉄鋼の
新日鉄住金といった素材株は続伸

米アップルの説明会で新型スマートフォン
が公開されるとの期待から部品を供給す
るアルプスや村田製、太陽誘電は上昇

三井住友トラと第一生命の上げも目立つ

市場では米金融政策に影響を与える9月
2日発表の8月の米雇用統計の内容を確
認したいとの様子見ムードも広がる

円相場の一段の下落がなければ、日経平
均が節目の1万7000円を上回るのは難し
いとの見方も


為替は、

USD/JPYは、現在102円36銭
ここまでの
高値は、101円75銭
安値は、102円36銭

NZD/JPYは、現在74円05銭
これまでの
高値は、73円85銭
安値は、74円08銭





参考までに・・・
 PCやスマホで目の疲れている方は、
 こちらまで

  アイメディカル HP




          

お小遣い稼ぎならポイントサイトGetMoney!
 

 | ホーム |  次のページ»»